夏バテ予防には冷房対策とお酢?

こつこつまなぶ
  • 1日に必要なカルシウム量はどれくらい?
  • 転びにくい体作りで、毎日快適生活!
  • 歩くと骨が強くなる、という事実。
  • 夏に負けないカラダをつくる。~夏バテ予防~
夏に負けないカラダをつくる。~夏バテ予防~

「どうも気分がスッキリしない」
「食欲がない」
「なぜか身体がダルい」
あなたも夏バテの経験があると思います。

「なんとなく調子が悪いけれど、病院にいくほどでもないし・・・」

つい、何の対策もしないままに、秋までやり過ごしてしまいがちですよね。
でも、ぼんやりと夏を過ごしていては時間がモッタイナイ。
しっかり夏バテ予防して、この夏も充実した毎日を過ごしましょう。

夏バテは、梅雨や初夏にも。

冷たいものなどの食べ過ぎで、胃腸に負担がかかる。
寝苦しさから睡眠不足になるなど、夏のカラダはそれだけで疲れ気味。

すると自律神経が乱れて、夏バテになってしまいます。
昔は猛暑による体力低下が夏バテの主な原因でしたが、クーラーの整った現代では、
室内外の気温や湿度の急激な変化が夏バテの大きな要因とか。

ストレスや冷房による冷えも引き金になるため、梅雨や初夏にも夏バテが起こりやすいようです。

ひと工夫して夏バテ予防。

鼻水、微熱、関節痛などを感じたら、冷房対策してみましょう。
設定温度を高くしたり、体を冷やさないように肌の露出を控えます。
特に首もとをカバーすると違うようです。

自律神経を整えるには規則正しい生活も大切です。
早起きや、じんわりと汗をかく程度の運動は、心地よい眠りにもつながります。

食欲がない場合は、元気を出そうと無理にたくさん食べなくてもOK。
ビタミン、ミネラルなど栄養のバランスに気を配った食事を摂りましょう!

夏バテに、お酢を召しませ。

食欲が落ちる夏バテには、さっぱりとしたお酢の料理がオススメです。

唾液や胃液の分泌を促して消化吸収を助け、食欲を増進させます
また、お酢は疲労回復によいと昔から言われていますね。
これは、お酢が体内で変化して、疲労物質「乳酸」を取り除き、
新陳代謝を活発にしているためです。

ほかにもお酢の健康パワーは、カルシウムの吸収を助ける、カラダのダルさをなくす、
血液をサラサラに、ダイエットにと枚挙に暇がありません。

カラダに過酷な夏こそ、毎日お酢を。
苦手ならサプリメントを上手に利用して、充実した夏にしませんか。