転びにくい体作りとは?

こつこつまなぶ
  • 1日に必要なカルシウム量はどれくらい?
  • 転びにくい体作りで、毎日快適生活!
  • 歩くと骨が強くなる、という事実。
  • 夏に負けないカラダをつくる。~夏バテ予防~
転びにくい体作りで、毎日快適生活!
普段の生活で転びにくい体作りを

最近なにもないところでつまずく人が増えているそうです。
筋力の衰えから来るものですが、転ぶと骨を折る可能性もあります。
普段の生活の中で、転びにくい体作りを心掛けましょう。

「転びにくい体作りなんて大変そう」と思っている方も、まずは日常生活を少しだけ変えることから始めましょう。

たとえば歩くこと

ただ歩くのではなく、少しだけ早く歩く、
少しだけ歩幅を広くする、少しだけ長く歩く、
エレベーターではなく階段を使う・・・などなど。

ご自分のペースで結構ですが、意識されてみてはいかがでしょう。

また、歩くときにはウォーキングシューズなど適した靴を選んでください
歩くのに適さない靴や、足に合わない靴では、足が痛くなったり、疲れてしまったりするだけではありません。
つまずいて転んでしまうようなことがあっては大変ですからね。

歩く前にはストレッチも行うようにしましょう
筋肉が硬いとスムーズに体が動きにくくなり、
少しつまずいただけで転んでしまいかねませんから、筋肉や筋を伸ばすように心掛けてください。

歩く前後にふくらはぎや太ももの裏、足の付け根を伸ばすのもおすすめ。
呼吸を止めずに、反動をつけないで、痛みの出ない範囲で、じっくり時間をかけて行きましょう。

がんばりすぎは禁物です!

ラジオ体操もおすすめ

懐かしいラジオ体操の動き、覚えていますか?
反動をつけないでゆっくりとしたリズムで行うと、
全身の筋肉が伸び、とても良い運動になります。


さあ、準備を整え、転びにくい体作りを目指しましょう!

健康な体作りにおすすめ!四季潤のサプリメント