いつまでも元気で若々しく!「ヒアルロン酸」の効果について|健康コラム

いつまでも元気で若々しく!「ヒアルロン酸」の効果について
ヒアルロン酸とは?

私たちの身体は、無数の細胞によって成り立っています。
この細胞と細胞の隙間にある「細胞間質」の主な成分が「ヒアルロン酸」です。
ネバネバした性質を持つ「ムコ多糖類」の一種で、特に関節の中にある関節液や、
関節軟骨、眼球、皮膚
などに多く含まれています。

非常に高い保水力を持つのが特徴で、1グラムで6000倍にあたる6リットルの水分を
閉じ込めることができると言われています。

加齢により体内で生産できる量が減少


ヒアルロン酸は時間とともに減少し、減少した分は体内でアミノ酸から合成されますが、
合成により作られるヒアルロン酸の量は、加齢により少なくなっていきます
このため、体内のヒアルロン酸の量は、30代頃から減少しはじめ、50代頃から急激に減少
します。

ヒアルロン酸は、皮膚や関節液、関節軟骨などに多く存在しているため、加齢により体内の
ヒアルロン酸が減ることで、肌のハリが失われたり、膝などの関節に痛みが出たりという
ことが引き起こされます。



ヒアルロン酸と関節痛



ヒアルロン酸は、膝や肩などの関節の中にもともと存在していて、関節が滑らかに動くための
潤滑油のような役割
や、運動による衝撃をやわらげるクッションのような役割をはたしています。

加齢により関節内のヒアルロン酸の量が減ると、関節が動きづらくなったり、関節に痛みが
出たりするようになります。

年齢とともに体内での合成が少なくなるヒアルロン酸を、サプリメントなどの形で補うことに
より、関節痛の予防や症状の緩和の効果が期待できます。





肌のシワ・たるみの予防にも



顔の印象を老けさせて見せる「シワ」や「たるみ」。その大きな原因は、肌のうるおいが
失われ、ハリや弾力がなくなること
です。

すぐれた保水力を持つヒアルロン酸は、肌のうるおいや弾力性を保つために大切です。
年齢を重ねるにつれ、シワやたるみが目立つようになるのは、肌の中にあるヒアルロン酸の
量が減る
ことが原因の一つと言えます。
ヒアルロン酸を摂ることで、若々しくハリのある肌を保つ効果も期待できます。